大好きなおばあちゃん☆

更新遅くなりましたが、忘れもしないあの日。ちょうど仕事が終わる数分前・・・
一本の電話がなりました。

おじちゃんからの電話。

「おばあちゃんが・・・」そのあとは、あまりのショックで震えと、理解ができない事で頭がいっぱいになりあまり覚えていません。
とりあえず、落ち着いてちゃんと運転しなきゃ!という一心で家に帰りました。

ホントに急の出来事でした。

大好きなおばあちゃんが・・・今でもおばあちゃん家に行っても信じられません。ただ、出掛けているだけなんじゃないか?
ひょこっと帰ってくるんじゃないかって?
信じたくない自分がいます。
泣いても泣いても、涙が止まりません。

そして私達の結婚を喜んでくれてたおばあちゃん。
「おばあちゃんにウエディングドレス姿見せてあげたかったなぁ~。」
なんて泣いていたわたしに彼は、
「大丈夫!ちゃんとおばあちゃん出席して見に来てくれるから~」
と言ってくれました。
ホントそうだな!って思い落ち込んでばかりじゃなくこれからは、現実を受け止め残された家族で仲良く前向きにがんばって行こうと思いました。

それが一番おばあちゃんへの供養だと思うから。

そして、おばあちゃんと毎日一緒にいたおじいちゃんを支えること!
ホントにおじいちゃんはがんばっていました。体力のないおばあちゃんを助けるため、洗濯、掃除を・・。これからも、いっぱい、いっぱい遊びに行くからね(^ー^)/

あと、おばあちゃんと最後に約束したことがあります。
趣味は、大好きだったパソコンでブログを見る事でした。
わたしは、最後の手紙を書き棺に入れました。その時約束で「マメに更新できない美香だけど
がんばってブログ続けるからね!だから天国で見ててね。と・・・」


おばあちゃん、今まで可愛がってくれてありがとう☆そして安らかに眠ってね。



なのでこれからも、母、姉、わたしでブログがんばります!!

そして、新居への引越しもほぼ終わり、新たな生活がスタートします。
おばあちゃんの綺麗好きを見習い、いつもピカピカなお家にするね~(^0^)/
まだパソコンが新居にないので、ちょくちょく実家に帰ってのブログアップです(^^:)
入籍次第また報告させて頂きます。
[PR]

by mikamoko | 2008-02-12 09:54 | 家族